Please reload

Recent Posts

USBCの大学生ボウリング大会におけるルール変更とUSB...

August 15, 2016

1/10
Please reload

Featured Posts

エボナイト社のビデオを見てみる

March 13, 2016

Facebook上でとある人から「このビデオ、一体どんなことを言っているのでしょうか?」というお問合せがありましたので、早速見てみました。そのビデオがこちら↓

最近ボールについては全く調べていなかったので、久々にこうしたビデオを見て「最近のボールってこんな感じなのかぁ。」と技術の進歩に感心。自社開発ボールの素材やコアのテクノロジーについて説明しています。

このビデオはおそらくセミナーか何かの内容をまとめたものだと思いますので、ひょっとすると日本代理店などでもセミナー参加者さま向けに、もしくは営業の方がプロショップの方向けにこうした情報を公開しているんだろう…いや、そうに違いない…と推察しますが、せっかくなので内容を以下にシェアしようと思います:

※下記はビデオの概略をそのまま記述したもので、日本の代理店が発信している情報ではありません。ボールに関する詳しい情報は日本代理店およびプロショップまでお問合せください。

(以下、ビデオに表れるシーンの順で内容を説明)

 

RGやDIFFの他、全体的な完成とボールの重心(ピンからどれくらい離れているか)を考慮しているとのこと。

■ピンアクシスシメトリー(ボールの重心とその効果)

  • ピンアシメトリー(重心がピンに近い)   手前にハッキリと表れるボールモーション

  • マスニュートラル(重心が中心に近い)   全体的にバランスの取れた中間のボールモーション

  • ピンアウェイアシメトリー(重心がピンから遠い)   レーン後半にハッキリとした動きのあるモーション

■検証

アージ/パラドックス/ウォリアーのコアを使用してピンアクシスアシメトリーの効果を検証。

3つのコアのRG/DIFF/MB をなるべく近い数値に合わせ、同じカバーストック、同じ表面仕上げにしてテストした。

 

<ボールモーショングラフ>

アージは青、パラドックスは赤、ウォリアーは緑のラインで表現。 どれも同じ場所からスタートして同じ場所で終わっています。 違いは、下記の通り。

●フックフェーズでの違い:

ピンアシメトリータイプ→早めにフックし始めてスムーズな軌道

マスニュートラルタイプ→継続的な軌道

ピンアウェイアシメトリータイプ→遅めにフックし始め、より激しいフック→ロールの移行

 

■スウェーブFX(アンギュラーな軌道)

ピンアウェイアシメトリータイプのコアにより、フックフェーズは遅めに始まり、レーンの後半で激しく動く。

 

<製品コアタイプ比較>

  • ローアージが一番手前からフック、デリリアムショックはマスニュートラルなので中間、スウェーブFXが一番遅くフックフェーズが始まる

  • スウェーブFXではハイパーショックテクノロジーを使用。 アウターコアに使用されている素材に特殊素材を使用することにより、ピンデッキ上でのボールの動きをより継続的なものにします。ビデオからわかるように、ピンに負けず、曲がり続けているのが分かります(ピンデッキから落ちる場所が違うのが分かります)。開発にはボウラーI.D.という計測デバイスを使っています(これいいですね!)

■ウォリアー(カバーストック:GB13.3)

ピンアウェイアシメトリータイプを採用しているので、フックフェーズはより遅く始まり、バックエンドでの反応が激しくなる。

 

■パラドックス

マスニュートラルタイプのコアを採用。全体的にバランスの取れたボールモーションとなる。ヒートのコアも同タイプのため、フックフェーズでの動きは似たものになっている。リージョンのコアは、ピンアウェイアシメトリーなので、フックフェーズはより遅く始まる。

 

■ハンマーのボール

カーボンファイバーを使用することで、ボールの耐久性をアップ。 業界初の3年保証を実現。

  • バッドインテンションズ カバーストックにカーボンファイバーを入れることにより、耐久性をアップ。カーボンファイバーは粒子が互いに絡みあうことでカバーストック素材の支えになり、壊れにくくなっている。

  • スキャンダル こうしたカーボンファイバーを採用したボールでは、通常4フィートの落下テストを11フィートに上げて行っている。 さらに、カーボンファイバーのもう1つの特徴は摩擦力。 通常パーティクルなどは、表面加工を施すと摩擦力が落ちるが、カーボンファイバーは素材が強いので、表面加工を行っても摩擦力は落ちない(トゲが壊れない)。

  • ダークレジェンド マスニュートラルコア(若干ピン寄り)なので全体的にバランスの取れたモーションになっている。カバーストックはFFC25.75。

  • スキャンダル カバーストックはFCC 27.75。コアはマスニュートラル(若干ピン寄り)。 この組み合わせでハンマーがこれまでリリースした中で最も強いボールに仕上がっている。 レーンでは若干早めからフックが始まり、その後全体的に強く継続的なモーションを提供。

 

ハンマーのラインナップではマスニュートラルに分類される3つのコアがある。これらは全て全体的にバランスの取れた強いボールモーションを提供してくれる。

 

以上

Please reload

  • Wix Facebook page
  • YouTube Social  Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now