Please reload

Recent Posts

USBCの大学生ボウリング大会におけるルール変更とUSB...

August 15, 2016

1/10
Please reload

Featured Posts

マイク・マチューガ、その思いを語る

October 7, 2014

 

 

PBAプロとして日本では人気の高かったマイク・マチューガ選手が、2014年8月29日(日本時間)に自身のフェイスブックに衝撃的な投稿をアップしました。
その全文を訳したものを下記に掲載します。
内容については説明しません。どうぞ、下記をご一読いただければと思います。

 

 

自分のブログを直してくれるジョーに連絡がつかないので、ここ数ヶ月間自分の中で熟成させてきた戯言のブログを…下記にコピペする。さぁ、いくぜ。-------

 

真実は、ただの愚痴に聞こえるかもしれないけど#CallingItLikeISeeIt

 

ゴルフ、テニス、野球、バスケ、アメフトなど他のスポーツ同様、スポーツというのはくだらないものだ。でも、このスポーツの競技性がここ30年ちょっとで衰退したのはなぜだろうか?なぜプロボウリングの賞金が限りなく0に近づく中、他のスポーツビジネスは躍進しているのか?まぁ、多くの「我々」がその答えを知っている。残念なことにその答えは、このスポーツを統治・宣伝する業界団体を運営してきた、バカで自分勝手で本来なら資格の無い、無知な者達によって無視し続けられてきた。

 

ボウリングは、他のくだらないスポーツ同様、素晴らしいスキルを試すものだ。ボウリングのボールを投げること以上に自分が楽しめるものは他には無い…そこにはクリエイティビティ、正確性、パワー、コントロールが必要とされる。そして、自分が今最も忌み嫌っているのがこのスポーツの現状だ。スポーツ業界のジョークだ。これは俺だけの意見じゃない。ボウリングやツアー、褒賞スコアのレベルについて回りに聞いてみるといい…ほとんどの奴が「ジョークだ」という。なぜって?また言うが、我々のほとんどが知っているけど、この避けられない崩壊を目前にして未だなんの対策も取られていない(効果を発揮しているものがない)。

 

多くの人はボウリングボールメーカーの責任だと言う。ボールは強くなり過ぎた、オイルを吸い過ぎるし、摩擦も強すぎるし、フレアし過ぎるし、強くヒットし過ぎる。子どもにあめ玉を与え続けたら、きっと子どもは野菜を食べなくなるだろう。あめ玉を作っているのはボールメーカーだ。子どものせいじゃない。

 

ボウリングセンターの責任だと言う人もいる。リーグを簡単にし過ぎていると。スコアが高くなり過ぎていると。それが問題?まぁそうだろう。でも彼らの責任か?それは違う。犬の悪い態度や習慣を注意せずにいれば、犬は決して逃げ出したりしない。しかし、悪い態度や習慣にお仕置きをして良い態度を示したときに褒めてやれば、とても躾けられた忠実な犬になる。問題は犬が逃げないように甘やかしていることだ!でも、それで犬は死んでしまうかと言われれば、おそらく死なない-ただ自分たちが悪い飼い主になるだけだ。

 

もう我慢しないことにした。コレが俺の意見:

 

はい、注目!処分を受けても構わない。3年半前に気にしなくなったし、今どことも契約していないし、このスポーツから安定した収入があるわけではないから、友達や家族、ファンやフォロワーに自分が本当に感じていることを伝える時がきた。責任はUSBC(元ABC/WIBC/YABA、会員数が激減したので統合された)、BPAA(アメリカボウリング場協会)、そしてPBA(アメリカプロ協会) 、これら全てにある。 彼らは彼らのするべき「仕事」である、このスポーツの管理をしていなかった。もちろん、このスポーツが「タフ」でより競技性の高いものだと宣伝する無駄な努力をしてきたが、これまで一度もこのスポーツを本格的に管理しようとはしていなかった!

 

手始めに、このスポーツの目的から始めよう、つまりピンを倒すことだ。ピンを管理するためにUSBCは何をしてきただろうか?すべてのスポーツにおいてテクノロジーは著しく進化し、それにともない管理団体もそれぞれのスポーツに関する仕様や規制を修正してきた。ピンについてはどうだろうか?俺が言おう。より簡単に倒れるように作られたのだ!新しいピンの宣伝広告を見てみろ。常にハイスコアがキャッチコピーになっている。USBCは、これらのピンに「USBC認証」のマークを押し続けてきた。理由は?彼らが、バカで自分勝手で本来なら資格の無い、無知な者達だからだ。 これらは彼らの責任だ。

 

ピンが立っているピンデッキに話題を移そう。このピンデッキが、ピンを倒しやすく、跳ね返りやすく、より遠くまで滑りやすくされていることに対して、どのような規制をしてきたのだろうか?USBCは「ハイスコア」ピンデッキを検証しつつも、なんらルール・仕様・規制を変えることなく、ひたすら認証しつづけてきた。それは彼らの責任だ。

 

フラットガターやキックバック、サイドウォールはどうだろうか?これらもまた、ピンを弾ませ、より早く飛ばし、倒れやすくするように作られているのだ。このような近代技術のルール・仕様・規制について何が行われただろうか?たとえ何が行われた、行われなかったとしても(そんなことがあるとしたら)、それらは効果を産まなかった…だって、スコアは上がり続けてきたんだから(それを彼らは見逃してきた…何もしないことは黙認してきたと同義だ!) この間、参加人口と承認大会の数は減り続けてきたのだ。これは偶然ではない。そこには相関関係がある!そして、これは容認できるものではない。彼らの責任だ。

 

ふぅ、深呼吸。 さて、今度は手前の60フィート、表面自体と塗布されるオイルについて話そう。しつこくなるが、これらもまた「ハイスコア」用に作られている。これに関して「注目」されてきたのはこんなことだ。人々を教育し、ボウラーにきちんとした競技場(管理されているとは言いがたい)を提供し、スコアペースをコントロールするという努力(いわゆる品位を保つという名目で行われたくだらない、無効化なもの)が行われてきた。これらの試みはほとんどの場合で失敗し、一般のボウラーは30年以上もの間、簡単な環境でひどく甘やかされた。ごく一部の一般ボウラーがこれらの環境で「お仕置き」されることに興味を持った…(例:USBCスポーツコンディション、PBAオイルパターン)が、俺からしてみると影でほくそ笑まれながらお仕置きされていたという感じだ。これらの環境のスコアペースを見れば、2~30年前に明らかになった「イージーなリーグコンディション」に匹敵するのは明らかで、お仕置きと呼ぶにはほど遠いものだ。

 

今度は話題をピンを倒すツールに戻す、ボールだ。メーカーの責任ではない。そう、オイルを吸い過ぎるし、摩擦も強すぎるし、フレアし過ぎるし、オイルメーカーはコンディションが長持ちするようにより粘り気の強いオイルを作るのに躍起だし…レーンメンテするスタッフはより多くのオイルをレーンに塗らなければならないし。60年代や70年代は、たった少しの指ぬきサイズのオイルだけで1ボックスを数日間もたせることが出来た。今では、試験管1本分のオイルで1レーンを数時間ほどしかもたない。真実は、どんな「パターン」を塗ったところで、練習が終わるころには、良い選手が「パターン」を自分好みに「削る」のがオチだ。制御不能だ、その理由は?USBCとPBAは、ボールメーカーにやっていいこととやってはいけないことを十分に制御できていなかった。これらのハイテクボールは、スコアペースやこのスポーツが本来もっている本質の崩壊を招いた一番の要因だ。だが、これらのボールはUSBCとPBAで認証されている…だからしつこく言う、彼らの責任だ!

 

続ける前にひと言…なぜマスターズが…2月に…それもウィスコンシン州のグリーンベイで開催されるんだ?!?!マジで?!?!一体誰がツンドラ地帯の最も寒い雪が降り積もる時期に行きたがるんだよ?!ボールを投げるだけで、まともな収入を得ているのはこく僅かだ。だから、俺達の多くは別の仕事もしている。なぜ彼らは、俺たちみたいな人間がバケーションで、2月のウィスコンシン州・グリーンベイなんかに行きたいと思ったんだ?!個人的に、そこまで愛情があるわけじゃない。悪いけど。

 

次は、BPAA。もう1回言う、センターのせいじゃない。彼らは自分たちのビジネスを運営しているだけだ。彼らは一般ボウラーが望む、競技の場を提供しているだけ。収益を目的としてビジネスをしているわけで、スポーツを守るためではない。そして、BPAAが上がりすぎたスコアペースの状況をコントロールするという彼らの仕事を怠っているだけだ。恥を知れ。記憶が合っていればだが、彼らは(80年代ごろ?)センターに簡単なレーンを作ることを勧めていたらしい。彼らは恥を知るべきだ、ベストなものを破壊したことを恥じるべきだ、世界でもっとも格式高いイベントであるU.S.オープン、もっとも難しくもっとも伝統のあるイベントなのに。これは、かつては、プロフェッショナルとして履歴書に書きたいと思う唯一のトーナメントだった。他はおまけに過ぎない。USオープンはいつも他とは一線を画していた。

 

これら2つの団体は、あるべき姿ではなかった。やるべきことをやっていなかった。USBCはスポーツ自体を管理すべきだったし、BPAAは会員の声に耳を傾けるべきだった。いずれも、仕事をしなかった。彼はは協力し合うべきで、スポーツにとって一番良いことをすべきだ、それは管理と広報だ!トンネルの先には光があると信じている。これらの団体に属する新しい人達が、何かを変えてくれるかもしれない。それが遅すぎないことを祈るばかりだ。

 

あぁぁ、ついに俺が「名指し」する最後の団体、PBA。昔はPBAタイトルは自分にとって意味のあるものだった。たった12ゲームで、PBAツアーチャンピオンのタイトルは相応しくない。PBAツアーチャンピオンのタイトルを決めるのに、ベストプレイヤーが10人未満しか参加しないインターナショナルイベントは、どうかと思う。エリータイムズニュースオープン(ローカルトーナメント)のほうが「PBAツアー・イベント」よりよっぽど品位がある。実際に一握りのゲーム数以上のゲームを投げるし!正直言うと、あのトーナメントのスコアペースもいただけない、これまでに俺らの地域のボウラーも甘やかされてきたから、コンディションを難しくできなかったからだ。まったく、あのトーナメントで投げる人はリーグだけ投げてる人で、プロじゃない…最も格式あるローカルトーナメントなのに、簡単なリーグコンディションと同じでいいのか?!?!LOL & SMH (頭を振って、大笑い)…さ、PBAツアーに話を戻そう。これらの新しいフォーマットはジョークだ。ツアー全体がジョーク。これは俺だけの意見じゃない、スポーツ界隈のほとんどの意見だ!なぜって?コミッショナーもその理由の1つで、これは俺だけの意見じゃないが、彼には「資格が無い」。彼はただのジャーナリストだ。一体どうやったら、畑違いの男が運営するプロスポーツがスポンサーを惹きつけることができるだろうか?別にトム・クラークが嫌いなわけじゃない、彼の責任でもない。これはPBAのオーナーが変わった(2001)頃から、ずっと誤った決断をしてきたことの一つにすぎない!PBAはビジネスだ…そのビジネスモデルはテレビの宣伝頼みとなっている。選手の関心は(世界で最もレベルの高いボウラーとされている)はないがしろにされ、この団体はショーに出演するタレントである不満を持った個人事業主の集まりになった。ツアーは観客が寄ってこない、いくつかの都市だけでツアーが開催されるので、ファンもないがしろにされていると言っていいだろう。観客がたくさん入る、オープンのエントリーもたくさんあるであろうセンターもないがしろにされている。なぜ、PBAツアーのメジャーイベントは毎年ブランズウィックキャロリアーでは開催されないんだ?!ボウリングは草の根精神のスポーツであり、その草の根精神が無視され続けている。関心はすべてESPNの日曜放映に集中している。ビジネスに関係があるのはそれだけとされているが、その放映ですら減り続けているから、スポンサーの興味も平行して減り続けている。「ビジネスの世界」では、決断しなければならない。利害関係者にとって継続的に不利益と判断されれば、人はクビになる!社長、CEO、運営のトップ、それらが責任を取る、公平か否かは別として、会社の利益を優先し、責任を取ってやめるのだ…さぁ、PBAのオーナーも責任を取れ…苦しい決断をしろ。もしくは、ビジネスの分かる人間に舵を渡せ!なぜなら、あなた達がボウリングというスポーツのほとんどをコントロールしていて、そのボウリングは序々に死んでいっている、それも哀れな死へと。スポーツを直して、「昔のツアー」を取り戻し、「ボウリング」とスポーツのマーケットを理解している人に任せよう!

 

bowl.comの記録を見てみよう。俺は1976年生まれだ。 ‘76-’77年のシーズンで、1375個の300ゲームが認証リーグボウラーの間で達成された。2012-2013年シーズンでは、57,635の300ゲームが著しく少なくなった認証ボウラー(おそらく50%前後)の間で達成された。残念ながら、bowl.com はそれらの年の認証ボウラー数を提供していない(できない?)。76~77年では、197の800シリーズが達成された。 2012-2013年では、その数は21,985にものぼった。 俺が知る限り、会員数は1980年頃に1千万人弱のピークに達した。前期(2013-2014)は、その数は約170万人ほどだ。認証スコアは増え、認証された参加者数は減っている。そこには相関関係があり、偶然ではない。

 

デイビッド・マッカーシーによれば、ケンタッキー州・ルイスヴィルの会員数は1963年頃に23,000人ほどになり(男性のみ)…そのときは、たった11人がアベ200で、誰も205を超えた者はいなかった。昨年は4,700人、非常に多くの女性が男性が保持していた会員資格を買った。ルイスヴィル・ボウリング協会の始まりは1895年もしくは1899年頃まで遡る。最初の55年間で達成された300ゲームは18だ。最初の75年で、81のパーフェクトゲームが達成された。1973年は、初めて10のパーフェクトゲームが達成された年だった。300ゲームの数は、ここ10年間、ライネージが減り続けているにも関わらず年間約325~375で推移している。たった1晩のリーグで、4~5回出ることもある。1996年、193のパーフェクトが達成され、2006年では332になった(109の800シリーズ以上も達成された)。余談だが…先週の日曜日にまたセンターが1つ閉鎖した。それで34あったセンターが今は8センターだけになっている。

 

トム・クラークが書いた2002年の記事より:(ロジャー・ミーニーの厚意による引用)1952年に、ナギーとその他197名だけが全国160万人のABC会員で300を達成したのだ。1980年までに、ボウリングはそのピークを迎え、ABCリーグ会員は480万人となり、5,373のパーフェクトゲームが達成された。昨年、ABCの会員数は170万人まで落ち込んだが、パーフェクトゲームは42,163という膨大な数で達成された。

 

スポーツ全体は落ち込んでいる、もう制御不能のスパイラルに入り込み、誰もその本当の原因を探ろうとはしない。その原因はスコアペースにほかならない。子どもとビデオゲームを見てみよう。これを(スマートフォンと並んで)参加人数減少の原因としてあげている人がいる。その議論の答えはシンプルだ。他のスポーツを見てみろ!他は問題にしていないようだ。もちろん、他のスポーツのいくつかは近年ゆっくりと下降しているかもしれないが、彼らの数は比較にならないほど大きいから、少しくらい減ったところで痛くも痒くもない。ボウリングの数は30数年ほど前にピークに達して以降、下がり続けている…スコアが制御不能になってからだ!ビデオゲームの話に戻る。子どもがビデオゲームをクリアすると、もう興味が無くなってしまう。スーパーマリオブラザーズをクリアしたら、もうやる理由はあるだろうか?次はどれくらい早くクリアできるか挑戦するか?ライフ1つだけでクリアできるか試してみるか?ワープしないでクリアできるか試してみるか?まぁ、経験から言って、そう、子どもはきっとそうするだろう…でもスーパーマリオブラザーズを二度とプレイしない…お分かりだろうか?ボウリングのスコアは300までだ。普通のスコアがその数字に一度近づけば、人々の興味は薄れて当然。 ね、もしもーし!スコアペースが上がる、認証スコア数も上がる、参加人数が減る、スポンサーも減る。シンプルな相関関係だ。自分は大学中退者だ。でも、これは脳外科手術じゃない。取り上げろ!甘やかすな!ゲームがわからなくなるだろうが、やり直せばいい!もう守るものは何も無いのだから!

 

ふぅ、また深呼吸。

 

これから熱意を持って取り組もうとしている、たった小さな成功でもいい、何年かかってもいい、ボウリングに興味を持っている人、興味を保っている人々に本当のボウリングを教えたい。このくだらないスポーツへの俺の愛は否定できない。俺は賢く、才能があって、汎用性があり、コーチングのスキルもある、特に基礎については。競技者としてのほどよく、しかし誇れる成功から得た知識で、世界中にいるどんなレベルの人に対しても正しく基礎を教えたりコーチングしたりすることができると信じている。物理の基本的やパワー・一貫性・再現性・長く投げ続ける等のことを可能にする身体の使い方を理解している必要がある。これらはこのスポーツそのものであり、スポーツを最も楽しくさせるものだ。

 

大会を定期的に開催しようと考えている。トーナメント、ショートシーズンリーグ、スイーパー大会(ミニトーナメント)、ジャックポットゲームなどなど。その他、ボウラーオブザイヤープログラムやクリニック、キャンプ、個人レッスンやコーチングなどもやる予定だ。これらのイベントは主にペンシルバニア州にあるローリングメドウレーン内のマイク・マチュガNextLevelプロショップを中心に行う予定だが、決してそれに制限するつもりはない。様々な用具を使って、様々なコンディション(俺ルールで)を作るつもりで、それによって承認団体が出来なかった競技の場に対する人の理解を深めたいと考えている。ボウラーにこれらの環境は与えられてきたかもしれないが、それに対する教育の場が無かった。

 

俺が冗談を言ってて、多分今言った事のどれもやらないだろうって。ゴルフコースで遊んでるほうがいいか。まぁ、ゴルフシーズンでない時にそうした時間もつくれるさ…とにかく、基本を学びたければ、俺を雇って欲しい。本来あるべき姿のボウリングを投げたいなら、連絡をくれ。そうでなければ、さようなら。俺はやめた。これを読んで楽しんでもらえたかな。

 

(以下原文)

 

I can't get ahold of Joe to fix the blog section of my website, so here is THE infamous blog I've been brewing and stewing over for the past several months...copy and pasted below. Here you go!

THE TRUTH, just sayin... #CallingItLikeISeeIt

It’s a stupid game…as is golf, tennis, baseball, basketball, football, etc. But why has the participation of the competitive side of THIS silly game diminished so drastically over the last 30+ years? Why do professional bowling prize funds continue to taper off to practically nothing while other professional sport businesses have sky rocketed? Well, so many of “us” KNOW the answer to that question. Unfortunately that answer seems to have been consistently ignored by ignorant, selfish, unqualified, and/or unknowledgeable folks who have run the organizations, businesses, and associations who control the governing and promoting of this game.

Bowling, like so many other silly games, is a wonderful test of skills. There is nothing I enjoy more than throwing a bowling ball…with creativity, precision, power, control. There is nothing I HATE more than the current state of the sport. It is THE joke of the sporting world. This isn’t just my opinion. Ask around about the current state of bowling, about the Tour, about the level of award scores…..the most common answer I hear, “It’s a joke.” Why? Again, so many of “us” know, but yet, STILL, nothing is being done (with any kind of effectiveness) to save it from its inevitable demise.

There are many that say it is the bowling ball manufacturers’ faults. The balls have gotten too aggressive, they soak up too much oil, create too much friction, flare too much, and hit too hard. If you continually feed a child candy, chances are, they are not going to eat their vegetables. Ball manufacturers make the candy. It is NOT their fault.

There are some that say that it is the bowling alley proprietors fault. They have made league bowling too easy. The scores have gotten too high. Problem? Yes. Fault? No. If you let a dog get away with all its bad habits and behaviors forever, that dog will never run away. But, punish it for bad behavior and reward it for good behavior, you’ll end up with a loyal and well-mannered dog. Spoiling the dog to get it to stay with you is a problem! But, will it “kill” the dog? Probably not - it just makes you a bad dog parent.

I am done holding back. THIS is my opinion:

Ding, ding! Suspend me, I don’t care. I quit caring 3 ½ years ago and now that I am no longer under any contracts and have no reliable income from this sport, I feel it is time to let my friends, family, fans, and followers know EXACTLY how I feel. The fault belongs to the United States Bowling Congress (USBC, formally known as the ABC, WIBC, YABA. They combined due to such drastic declines in membership), the Bowling Proprietors Association of America (BPAA), and the Professional Bowlers Association (PBA), collectively. They have not done their “jobs” to GOVERN this silly game. Sure, there have been futile efforts to promote “tougher” more competitive avenues of playing, but never a full fledged effort to GOVERN!

Let’s start with the objective of the game, to knock the PINS down. What has the USBC done to govern the pin? Technology has advanced tremendously in ALL sports and the respective governing bodies have made modifications in the specs and allowances of the playing field. What has changed about the PIN? I will tell you. It has been made to be knocked down EASIER! Look at all of the advertisements for newer pins. Higher scoring is almost ALWAYS the focus. And the USBC CONTINUES to put their “USBC Approved” stamp on them. WHY?! Ignorant, selfish, unqualified, and/or unknowledgeable folks. It is THEIR fault.

Let’s move on to the pin decks, the surface that those pins stand on. What has been done to govern the fact that these surfaces have been made (and advertised) to help the pin fall down easier, to make them bounce more, travel further and faster? The USBC continues to inspect these new “higher scoring” pin decks and continues to approve them without effectively modifying any rules, specs, or limitations. It is THEIR fault.

What about the flat gutter and the kickbacks or side walls? Again, now being made to help the pin bounce more, fly faster, fall down easier. What has been done to modify or update rules, specs, allowances with this modern technology? Whatever has been (if anything at all) hasn’t been the least bit effective…because the scores continue to escalate (which they apparently condone….because not doing anything to change it means it is OK!) all the while participation and sanctioned play continues to decline. This is not a coincidence. It’s called correlation! And this is NOT OK. It is THEIR fault.

Pheew, deep breath. Now let’s think about the playing field for the previous 60 feet, the lane surface itself and the oil applied to these newer surfaces. Again, redundant as it may sound, these too are promoted as “higher scoring.” Here is where there has been much “attention.” There have been efforts (futile and ineffective means of maintaining so-called integrity) to educate people, give bowlers opportunities to compete on a ‘measured’ (hardly ‘governed’) playing field, and attempts to control scoring pace. These efforts have been, for the most part, failures, as Joe Bowlers have been spoiled so badly with the easiness over the past 3+ decades. Very few of those average Joe Bowlers are interested in being punished in these environments…(i.e. USBC sport compliant conditions, PBA oil patterns) and I say punished with a giggle. It’s hardly punishment, as the scoring pace of these environments matched those of the “easy league conditions” which prevailed a few decades ago.

Back to the tool to knock the pins down, the balls. It’s not the manufacturers fault. Yes, they soak up too much oil, create too much friction, and flare too much, resulting in the oil companies desperately trying to make thicker oils that will change less….also resulting in lane men forced to place more oil on the lane. Back in the 60’s and 70’s, a thimble full of oil would sufficiently oil a PAIR of lanes for SEVERAL DAYS. Currently, a test tube full only lasts a few HOURS on a SINGLE lane. Truth is, put whatever “pattern” you want out there, but by the end of practice, good players will destroy the integrity of that “pattern” and “groove it” to their liking. This is out of control, and why? Because the USBC and PBA have not done enough to limit what the manufacturers can and can’t do! These high-tech bowling balls have been a major contributing factor in destroying the integrity of the scoring pace as well as what the game SHOULD be about. But these balls are USBC and PBA approved…so once again, it is THEIR fault!

Before I move on, WHY is the Masters scheduled to take place in…..FEBRUARY…… IN GREEN BAY, WISCONSIN?!?!? REALLY?!?!? WHO wants to go to the TUNDRA in the prime of its coldest, snowiest season?! There are not too many of us making a decent living throwing a bowling ball. Hence, the reason many of us have other jobs. WHY would these kind of folks want to use vacation time to go to GREEN BAY, WISCONSIN in FEBRUARY?! Personally, I just don’t think I love it that much anymore. Sorry.

Now on to the BPAA. I will repeat, it is NOT the proprietors fault. They run a business. They provide a playing field that promotes what the average Joe Bowler wants. They are in the business to make money, not save the game. And the BPAA has not done its part to control this outlandish scoring pace either. Shame on them for not. As a matter of fact if I’m not mistaken, they INSISTED on ALLOWING the lanes to be made easier (sometime in the 80s?). Shame on them and shame on them for destroying the best, most prestigious event in the world, The U.S. Open, an event that was the most demanding and enduring of them all. This is, or once was, the ONLY tournament that I feel adds any validity to a professionals resume’. The rest are kind of just tallies. The US Open always seems to get its own line.

These two organizations as a whole have not been who they should be. They have not done what they should do. The USBC should be focusing on governing the sport and the BPAA should be focusing on membership. Neither of them should be doing each others jobs, but they should be working together, doing what’s best for the game, GOVERNING and PROMOTING! I believe there could be some light at the end of the tunnel. The newer people in charge of these organizations COULD be the ones to make a difference. Let’s hope it’s not too late.

Ahhh, now to the final organization that I would like to “call out,” the PBA. PBA Titles used to mean something to me. 12 game sprints do not deserve the title of PBA Tour Champion. International Events that attract often less than 10 of the worlds best do not deserve the title of PBA Tour Champion. Erie’s Times News Open (a strictly local tournament) holds more prestige to me, as well as the locals, than any “regular PBA Tour event.” We actually bowl MORE than a handful of games! To be honest, I hate the scoring pace of that tournament too, but since OUR locals have been so spoiled over the years, they could not possibly make the tournament conditions difficult. I mean, geez, the people who bowl that tournament just bowl leagues, they are not professionals….why should the most prestigious local event be on anything different than the easy league condition?!?!?!? LOL & SMH (Laugh Out Loud and Shaking My Head)…..back to the PBA Tour. These new formats are a JOKE. The whole Tour is a JOKE. This isn’t just MY opinion, this is the opinion of the majority of the sporting world! Why?!? Its commissioner is another, not just MY opinion, “unqualified” person. He is just a damn journalist. How could a Professional Sport attract sponsorship that is run by a man with such mismatched credentials? I do not dislike Tom Clark, nor do I blame HIM. This is just another example in the long line of bad decisions that have been made by the new (2001) owners of the PBA! The PBA is a business….and it seems that the business model is sculpted around television advertisement. The interests of the players (whom are supposed to be the greatest bowlers in the world) have been neglected, resulting in a very unhappy group of independent contractors who are THE talent of the SHOW. And our fan base has been neglected as well since the Tour only competes in a select few cities that hardly attract an audience. The venues that DO attract great crowds and huge numbers of open field entries are ignored as well. How the HELL could Brunswick Carolier not be the host of a major championship EVERY year on the PBA Tour?!?!?! Bowling is about grass roots and the grass roots are being ignored. The focus is on that damn Sunday show on ESPN. It seems to be the only thing that matters to the business yet the interest in that show continues to decline, paralleled by the declining interest in the businesses supporting it. In the “business world” you have to make decisions. When decisions get made that are consistently detrimental to the stakeholders, people GET FIRED! Presidents, CEO’s and top management as a whole are responsible, fair or not, for the success of their companies….take SOME RESPONSIBILITY owners of the PBA….make some tough decisions. Or, put your business in the hands of people who can and will! Because YOU control MUCH of the sport of Bowling, and Bowling as a sport is dying a slow, miserable death. Fix the game, bring back the “old Tour” and get some people who KNOW “Bowling” AND sports marketing to take control.

Let’s take a look at a couple stats provided by bowl.com. I was born in 1976. The ‘76-’77 season produced 1375 - 300 games by sanctioned league competitors. The 2012-2013 season produced 57,635 by CONSIDERABLY LESS (probably 50% or more) sanctioned bowlers. Unfortunately, bowl.com could not/would not provide me with the numbers of sanctioned bowlers for those years. In ‘76-’77 there were 197 - 800 series. In 2012-2013 there were 21,985. To my knowledge, membership reached its peak of just under 10 million around 1980. Last season (2013-2014) that number was approximately 1.7 million. Award scores up, sanctioned participation down. Correlation, not coincidence.

Provided by David McCarthy, Louisville, KY: Membership in Louisville reached 23,000 in 1963 (men only) . ..... only 11 averaged over 200 none over 205. Last year 4700, with a huge number of women who bought mens’ sanctions. Greater Louisville Bowling Association dates back to 1895 or 1899. In the first 55 years, there were 18 - 300 games. In the first 75 years there were 81 perfect games. In 1973 we had the first year with 10 perfect games. 300s have stayed between 325 to 375 per year for the last 10 years even with declining lineage. We have 4 or 5 in one league in a night. In 1996 we had 193 perfect games and in 2006 we had 332 (and 109 series of 800 or more). On a related note .... we just lost another center this past Sunday. That leaves us with 8 out of 34 (I think) still operating.

From an article written by Tom Clark in 2002: (quote courtesy of Rodger Meaney) In 1952, Nagy and only 197 others rolled 300 from an ABC membership of 1.6 million bowlers nationwide. By 1980, when bowling reached its pinnacle with 4.8 million ABC league players, 5,373 perfect games were rolled. Last year, despite ABC membership shrinking to 1.7 million bowlers, there was a staggering 42,163 perfect games.

The sport as a whole is on a downward, out of control spiral and no one seems to be addressing the TRUE CAUSE. That cause IS the scoring pace. Look at kids and video games. I have actually heard people use this (as well as smart phones) as an excuse as to why participation is down. My argument to that is simple. Look at the other sports! They’re doing just fine. Sure, some of them are on a slow decline recently but their numbers were SO high they could afford a small loss. Bowling’s numbers peaked 30some years ago and have been on a steady decline since……..SINCE THE SCORES GOT OUT OF CONTROL! Back to the video game thing. When kids master a video game they lose interest. Once you beat Super Mario Brothers, why play? To see how fast you can beat it again? To see if you can beat it on ONE life? To see if you can beat it without ever warping? Well, I can tell you from personal experience, yes, that is what the kids would do…..but I don’t play Super Mario Brothers anymore………get it? You see the scoring in bowling only allows for 300. Once the mean or median score gets too close to that number, people will lose interest. Wellllll, HELLLLLLOOOOOO! Scoring pace up, award scores up, participation down, sponsorship down. It’s just a simple correlation. I am a college drop out. But, this isn’t brain surgery. TAKE IT AWAY! QUIT SPOILING THEM! DON’T RECOGNIZE THAT GAME ANYMORE! START OVER! THERE IS NOTHING LEFT TO SAVE!

Phew, another deep breath.

I will be making a passionate effort in the coming months and possibly, with any kind of remote success, years, to educate people who are interested and who maintain interest, the truths about bowling. I can not deny my love for this silly game. I am smart, talented, versatile, and have a knack for coaching, especially on the fundamental side. I believe that through my moderate but respectful success as a competitor I have developed the ability to instruct and coach proper fundamentals as good as anyone in the world at any level. It requires a basic understanding of physics and knowing how to use the body in such a way to create power, consistency, repeatability, and longevity. These traits are what the game is about and what I believe create the best enjoyment out of it.

My plan is to provide competitive events on a regular basis, i.e. tournaments, short season leagues, sweepers (mini tournaments), organized jackpot games, and a Bowler Of The Year Program, as well as clinics, camps and individual one on one coaching. These events will be headquartered in but not limited to Mike Machuga’s Next Level Pro Shop inside my home center in Erie, Pennsylvania, Rolling Meadow Lanes. We will be competing on a variety of conditions (under MY RULES) with a variety of equipment focusing on helping people understand these playing fields as this is where I feel the previous efforts by the sanctioning bodies have failed. Bowlers have been provided these environments but have not been provided the education.

Who am I kidding, I probably ain’t actually gonna do any of that crap. I’d rather go spend my time at the golf course. Well, maybe I can squeeze it in when it is not golf season….Anyway, wanna learn good fundamentals, hire me. Wanna play bowling the way it SHOULD be played, contact me. Otherwise, peace. I’m out. Hope you enjoyed.

 

Please reload

  • Wix Facebook page
  • YouTube Social  Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now